So-net無料ブログ作成

出演レポ~2018-5-3 森くま昭和歌謡☆☆☆ [ライヴ・レポート]

今年も出演させて頂きました♪♪♪♪♪
GW恒例開催、森くま昭和歌謡♪♪

大型連休のまっただ中、
おいそがしいところを御都合繰り合せて
ご来場ご観覧くださりました皆さま方、
ほんにほんに、ありがとうございました♪

御連絡先が判らず、お礼ご挨拶メッセージも
差し上げられていない方々にも、
この場を使って御礼申し上げます☆☆☆
(覗いて下さるといいなあ~)

ではでは、
イベント&曲目を振り返り~o(^^)o

20180509forBlog-01.jpg

《ライヴ・レポート》

森くま昭和歌謡ライブ
2018年5月3日(木祝) 14:00-
滋賀・野洲 森のくまさん にて

出演;
 カオリン+大江マサキ (1ばんめ)
 Cocoro (2ばんめ)
 おとぎ猫 (3ばんめ)
 ハレママと仲間たち (4ばんめ)

20180503_morikuma_flier.jpg
(↑お店発行のふらいあー。候補曲と決定曲目が異なってたため、
いちど差し替えてもらってるのです#^^#)


…森くまでの お店昭和歌謡ライブには、
おなじみカオリン歌唱への伴奏の形にて、
初回('14)から毎年出演させて頂いてます。

おーちゃんが現在のように大きな顔して^^;
音楽活動おこなえてるのも、
その大きな柱の一つである"森くま"での、
月々のフリーライブ等での伴奏を通じて
得られた仲間、そして心の妻々(//▽//)
それらが、かなり大きな要素のひとつだと
強く思っています。

正直、カオリンさんと御一緒してなければ
現在のおーちゃんキャラも無かったです。

…森くまでの伴奏を重ねるごとに
ギター奏法もかなり鍛えられた気がします。
昔はここまでの弾き方はしなかッタ(^o^)

おーちゃん成長したっ(たぶん)^▽^

カオリン選手も、最近は僕とはまた違う
チームの形でも沢山出演活動したり、と
ますます忙しい充実ぶりですが、
そんななか今回も、このコンビでの
出演を選んで貰えて
うれしい限りであります。

おーちゃんも、今までの伴奏活動で培った
全てを注ぎ込んで(かっこいいー^▽^)、
そして新たなチャレンジ要素も取り入れ、
今回のステージに臨みました^^

それでは、
・当日のカオリン選手のお頑張り具合
・大江の伴奏面でのひとことメモ
・楽曲そのものへのコメント
を添えて、各曲をレポートします♪♪♪


《我々曲目》

M1 時の流れに身をまかせ
 (作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/
  オリジナル編曲:川口 真)

この昭和歌謡ではMCはカオリン選手に
全部まかせっぱなし(^o^)オーチャン楽だ~(^^)

…今回も全編にわたり
トークを色々工夫準備されてて、
いつもながらカオリン選手には頭が下がり
ます。

大江は5カポCでのストローク主体伴奏。
3カポDで行なうか悩みましたが、
Bm6は難しいので5カポに。(←専門バナシ)

こういう 明るめのしっとりした曲調は、
我々コンビでの過去の選曲中には、割と
少なかったかもと思います。


M2 池上線
 (作詞:佐藤順英/作曲:西島三重子/
  オリジナル編曲:馬飼野俊一)

2014年の初回昭和歌謡でも行ないました♪
フォーク喫茶ならではに、評判も好い曲。
カオリン選手もお気に入りなんですね。
(曲目決定も基本的には全任せなのです^-^)

大江のハモニカ、本番前に穴の詰まりの
最終チェックを忘れたばかりに、
イントロで音階の一部が
出遅れてしまいました(焦)ゴメンナサイ,,

今回は、歌の後半をストローク奏法にして
起伏を設けました(初回は全編アルペジオで)。

20180509forBlog-02.jpg

M3 みずいろの手紙
 (作詞:阿久 悠/作曲:三木たかし/
  オリジナル編曲:三木たかし)

あらためてこの歌の美しい素晴らしさに
感動しきりの今回でした。

カオリン選手はイントロの台詞にも挑戦。
M2→M3へとストーリーの流れも工夫され☆

大江は今回の準備時間の半分を、この曲の
途中の16分音符×16連(ストリングス)の練習に
あててたと言ってもよいでしょう(^Σ^)
難しかったっっ


M4 3年目の浮気
 (作詞・作曲:佐々木 勉/
  オリジナル編曲:桜庭伸幸)

カオリン選手が、演出小物や向き合っての
振付歌唱も周到に用意してくれてまして、
デュエット曲もより楽しい雰囲気でした♪

大江は伴奏しながら(テンポも走りがちで[あせあせ(飛び散る汗)])
なかなかにゆとりの少ない歌唱でしたが^^;
失礼いたしました(m^^m)

手拍子での盛り上げ応援、あざーす!!


M5 二人でお酒を
 (作詞:山上路夫/作曲:平尾昌晃/
  オリジナル編曲:森岡賢一郎)

準備期間の連絡メールで僕は、
「この歌はたしか梓みちよさんが舞台で
胡坐をかいて唄ってはりましたよね」
と冗談交じりに言ってたのですが、

なんとカオリン選手、元々そのつもりで
決意してましたようでっ(驚)
思いきっての姿勢での歌唱にも拍手拍手♪

大江の、全弦弾き鳴らしながら
メロディやベースランを入れてレコ再現を
目指す奏法も、withカオリンとして
伴奏を重ねてゆくうち、身につけていった
技なのでございます(o^o^o)

本作はセトハナ(瀬戸の花嫁)も生み出した
詞・曲・編 三者での結晶、さすが昭和歌謡の
大名曲です。

20180509forBlog-03.jpg

M6 大阪ラプソディー
 (作詞:山上路夫/作曲:猪俣公章/
  オリジナル編曲:藤田はじめ)

こちらも初回につぐ久々演奏。
4年ぶりで初めてお聴き下さるかたも、
多かったかも知れませんね。

前回時からは、部分的なハモリの音高と、
前奏後奏での細かな激刻みの数(^□^)が
変わっております。進歩?(^▽^)


↑ 以上、昭和歌謡は一曲が短いから、
6曲演って充分トークをはさんでも、
持ち時間の40分はまだ余る具合です(o^^o)

…我々のステージの時に、音響ミキサーに
ついてくれた、ハレママ組のりんちゃんも
ありがとうございます!
おかげさんで安心して演れました♪


さてトップバッターの我々の番も終わり、
続いては共演組の登場です~

《共演者紹介》

Cocoro
20180509forBlog-04.jpg
Miyako選手の語りかけるヴォーカルは、
歌が伝えるものである事をいつも、
思い出させてくれます。素晴らしすぎ☆
ギター6弦12弦,鍵盤,…と大活躍の
Kazumi選手の安定伴奏も好い雰囲気です☆
…ミキサー係(僕)へ渡してくれた曲順表も、
熱意の入ったものでした。

おとぎ猫
20180509forBlog-05.gif
前回はHITOMAZz(ZEN氏)合体形でしたが、
今回、いつもの二人ユニットにて♪
 笑いあり、冗談あり、コントあり(笑)の
彼ら。ますますエスカレートされてて、
TokuさんのMCも、Yumi姫のカズーも、
さらなる発展をみせてくれてました♪

ハレママと仲間たち
20180509forBlog-06.jpg
圧倒的なVocalのハレママ選手。集合イベントでは
何度も御一緒してますが、ブッキングライヴでの
共演は初めて。迫力のステージでした。
 演奏のメンバーは、
Kb.=ケンケン氏 / EB=りんちゃん氏 /
ピアニカ&Flute=月影姫 / Gt.=ナイト氏
森くま他でもおなじみの仲間たちです♪
 僕がうまく音響バランスを取れなかった
部分もありましたが、和気あいあい笑顔の
雰囲気を崩さない所は皆さんさすがです☆
…僕ならば顔に出てるところです(笑)


こうして全組の順番が済んだあとは、
出演者皆でステージに立ち、
「上を向いて歩こう」
 (作詞:永 六輔/作曲:中村八大)
おひらきとなりました♪

久々に訪れた森くま、、って
ひと月半ぶりだけなのですが(^▽^)
なんだかすごく久しぶりな気がして。

ステージ背面の暗幕にも慣れ、
少し見ぬ間に設置やケーブルや
棚の配置も微妙に変わってたり。
いつもわがままさせてくれている
マスターにも、あらためて
感謝感謝でございます[わーい(嬉しい顔)]

前日の雨も当日の朝には上がり、
終わる頃にはまた降り出す…という
ゴールデンウイーク真ん中のイベント、
皆々さま、ありがとうございました&
おつかれさまでした♪♪♪


明日は、音源も数曲アップいたします☆

《ライヴ出演レポート・終わり》
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント